MENU

在籍確認電話:職場に借入のことを知られないためには…どうすればいい?

借入審査のひとつとして行われる「電話による在籍確認」。あなたが申告通りの職場で働いていることを確認する目的で、職場に貸手である金融機関から電話がかかってくるというものです。これに関しては…「そんなことされたら職場に借入のことがバレてしまうのでは?」と不安な方も多いはず。

 

ですが…この電話は、何も「在籍確認の電話です…」などとかかってくるわけではありませんし、担当者の個人名で(消費者金融や銀行の名前を出すことなく)かかってきますから、たとえ同僚が(あなたにかかってきた在籍確認の)電話に出たとしても、まずそれが“在籍確認の電話”だと気づかれる心配はありません(万一その同僚が自らも借入を利用しており在籍確認電話を経験していた場合は勘づかれるリスクがないとは言いませんが…)。在籍確認は決して怖いものではありません。たいてい、周りに気づかれることなどなくアッという間に終了するのです。

 

在籍確認電話:職場にバレないように配慮してくれるから安心

貸手側の金融機関は“利用者が嫌がること”を避ける努力をしています。というのも、貸手である金融機関には、利用者が嫌がることを極力避けられるよう努力することで「評判アップ・利用者の拡大・利用者の確保」をしよう…という狙いがあるため!

 

よって、(借入利用者の殆どが「職場や家族に借入をヒミツにしたい」と思っていますから)どの消費者金融や銀行も、各社それぞれ必死に“職場にバレない電話のかけ方”を工夫して在籍確認を行っているのです。だからこそ在籍確認電話は怖くない!この電話で借入のことが職場にバレる危険は非常に低いと思って良いでしょう。

 

在籍確認の電話って…どんな感じ?

電話の内容は、利用する消費者金融や銀行によって異なります。ですが、主に名前や生年月日といった単純な質問をされるというのが一般的なようですね。いずれにせよ、あっという間に終わり難しいことは何もありません。ただし…普段、電話で自分の名前や生年月日を言うことなどあまりありませんから、「電話で名前や生年月日を言っていたけど…なんで?」という具合に、周りの人に不審がられるリスクはあるでしょう。

 

そんな時に備え、あらかじめ“うまい理由”を考えておくといいですね。例えば…「ちょっと銀行で育児ローンを組もうかと考えていて…」とか「自動車ローンを検討中でさ…」という具合に、納得してもらえそうな理由を用意しておくのがオススメです。銀行のローンの契約においては必ず在籍確認電話が必要ですので、これなら疑われることはないでしょう(ただ…自動車ローンを組むといった場合には、後日「車、買いました?」などと聞かれるかもしれませんね…)。

 

また、そもそもキャッシング利用は何も“悪いこと”ではありません。ですから、下手に隠そうとか恥ずかしいとか思ったりせず堂々としていることが大切、在籍確認電話に出るときも“堂々と”していましょう。むしろコソコソ隠れるようにするほうが、周囲から不審がられバレやすくなるというものですよ。

 

日本では、およそ3人に1が、キャッシングやリボ払いなど、何らかの借金をしています。自動車ローンや住宅ローンなど利用者を加えたらその数はさらに増え、今、日本の成人の約9割もが何かしらの借金を抱えているとの試算まであるほど!

 

それにもかかわらず、どうも日本では「借金=悪」というイメージが強く、借入利用者の中には、自らの借入利用を恥じている方も少なくありません。しかし…上記で説明した通り、決して借入は珍しいことでも特別なことでもないのです。だから、ぜひ堂々としていてください。

 

その方が周囲に借入のことがバレにくくなりますし、精神的負担が軽くなり返済もスムーズになるのです!なお、在籍確認電話は必ずしも申請者本人が電話に出る必要はありません。「○○は、席を外していますが…」という具合に同僚が出たとしても、それでOK。あなたが申告通りの職場にいることさえ確認できればそれでいいのです。

 

専業主婦の借入:夫の職場に在籍確認電話がかかる…?

無収入の専業主婦が、配偶者の収入によって借入を行う場合、配偶者の職場に在籍確認の電話がかかることはあるのでしょうか…。それはありません。無収入の専業主婦の借入では、在籍確認の電話はどこにもかかることはないのです。

 

無職の主婦は勤め先の職場がありませんから、“職場に電話がかかることはなし”!それに配偶者の職場に電話がかかることもないため、配偶者に迷惑をかけることもありません。「借入したら夫の職場に電話がいくかも…」と心配されていた方もいらっしゃるかと思いますが…大丈夫ですので、安心して申込を行ってください。

おすすめ消費者金融ベスト5

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日