MENU

少ない金額のキャッシングをするかたにはレイクがおすすめ

少ないキャッシングだと金利は高くなり、逆に多いキャッシングとなると金利は低くなる、キャッシングはこのように借りる金額が高くなるにつれ、金利は低くなるという仕組みとなっています。

 

これは、スーパーなどで同じ商品を大量に買った場合に値引きされるのと同じ感覚と思っていただいてよいでしょう。

 

50万円以下なら金利に差は出てきません

少ないキャッシングだと金利は高めになるということを申し上げましたが、具体的には50万以下となります。つまり、1万円をキャッシングした時も40万円をキャッシングした時も金利は同じである、ということです。

 

ちなみに、消費者金融では金利は1年間で18%に設定されていて、例えば10万円をキャッシングした場合は1年で1万8000円、1ヵ月あたりに換算すると1500円が金利となり、1万円であれば、1ヵ月あたり150円となるわけです。

 

上記は非常にシンプルに計算していますが、ほとんどの場合これに当てはまるので、金利を計算する時はこの方法で結構かと思われます。くどいようですが、3万円であれば450円です。

 

少ないキャッシングの場合金利が高くなるというのは、大きな消費者金融ではない

大きな消費者金融でキャッシングする場合、およそ50万円、80万円以下のキャッシングであれば、金利に差は出てきません。よって、10万円しかキャッシングしていないことを理由に金利を高く設定されるということはないのです。

 

しかし、規模の大きくない中規模、小規模の消費者金融では10万円以上をキャッシングしない限り、18%という金利にはならず、20%の金利がかかることが多々あるとされています。

 

20%という金利は、大きな消費者金融では罰則的な金利である

20%という金利はかなり高く、そのため、大きな消費者金融では返済が遅れた時の金利としてこの数字が使われています。先ほどもお話しましたが、中小規模の消費者金融では大きな消費者金融においての罰則的な金利がキャッシングした時から存在しているのです。

 

これらの消費者金融全てがこのようになっているわけではありませんが、中小となると一般的に資金面で余裕がないので、こういった金利になっているところは多いと思っていただいて間違いないでしょう。

 

中小規模の消費者金融は少ない金額を取り扱い、金利が高い

中小規模の消費者金融では、少ない金額をキャッシングしたいかた専用のサービスが取り扱われており、そこでの条件を見てみると、上限金額は10万円で金利は20%というところが目立ちます。また、このように金利が高めに設定されているのは、これぐらい高く設定しないことには商売にならないためです。

 

例えば、大きな消費者金融と同じように5万円を1ヵ月キャッシングさせたかたから、750円の金利を取っただけでは全く商売にならず、そこで働いているかたの給料も払えず、それに公共料金も払うことになりますので、全部合わせると間違いなくマイナスとなってしまいます。それではいけないので、20%としているのですが、これでも150円ぐらいしか多くならないので、商売になっているとまではいかないでしょう。

 

このことから、少ない金額をさせている消費者金融はほとんど利益のない経営を行っていることが分かり、そういった事情もあり、金利に関して大きな消費者金融よりも高めになるというのは、仕方のないことが分かります。そして、ここでもう1つ付け加えると、上記のような消費者金融では経営が苦しいことから、闇金融へとスライドしてしまうこともあるようなので、極力このような消費者金融は利用しないほうがよさそうです。

 

同じ少ないキャッシングでもアイフルであれば、心配無用

先ほどは中規模、小規模の消費者金融における少ないキャッシングは危険ということでしたが、これとは別にアイフルのような大きな消費者金融で取り扱われている、少ないキャッシングをするかたに向けたサービスであれば心配無用です。

 

アイフルでは”ワンポチッと。”と呼ばれるサービスがあり、簡単に説明すると、10万円しかキャッシングすることができず、そのことから書類を提出する必要がないものとされています。しかし、本人を確認できる書類については必須なので、少額のキャッシングとはいえども、やることは一般の審査と変わりありません。

 

では、このサービスは他と何が違うか?というと、それは審査にかかる時間であり、通常のアイフルのキャッシングサービスと比べ、”ワンポチッと”のほうがはるかに早いと言われています。つまり、少ない金額を即座にキャッシングしたいかたにとっては、非常に有り難いサービスとなっているのです。

 

アイフル


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
4.5%〜18.0% 最高500万円 最短30分 最大30日間※

※はじめての方

 

レイクでは少ない金額のキャッシングを行うと反対に金利がかからない

これまで、少ない金額のキャッシングを行うと、金利は高めに設定されるというお話をしてきましたが、新生銀行で取り扱われているカードローンのレイクに限っては、正反対となっています。というのも、レイクでは5万以下であれば、3ヵ月間金利がかからないといった期間が設けられているため、3ヵ月間で5万円以下のキャッシングなら、金利がかからないのです。

 

このことは、レイクの一番の売りともなっており、5万円以下のキャッシングで足りるかたであれば、全てのキャッシング会社を含めてもレイクが最も推奨できる消費者金融である、といえます。

 

3ヵ月間で全てを返し終えなくても問題ありません

前述のレイクのようなサービスで誤解されやすのが、3ヵ月間の間に全てを返し終わっていることが条件ではないか?ということです。ですが、レイクではそんなことは行っておらず、3ヵ月であれば一切金利がかかることはありません。

 

3ヵ月目以降から初めて金利がかかるのです。それに加え、このサービスを利用するのにこちら側で何かすることもなく、何一つ悪いことはないので、5万円のキャッシングで足りるかたに向けては、レイクは非常に推奨したい消費者金融だといえます。

おすすめ消費者金融ベスト5

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日