MENU

銀行カードローンの借入限度額は最低10万円

銀行カードローンの借入は100万円以上が一般的、という噂がありますが、これは半分は当たっていて、半分は間違っています。そもそも、銀行カードローンの最低借入限度額は10万円ですので、その程度の金額で利用する方もいるにはいるのです。

 

また、それ以下の金額の融資を受ける場合であっても、10万円は借りれるように審査を受け、そこから借りる金額として1万円や5万円などを選ぶようにするため、1万円を借りたくとも、10万円の限度額は設けてはくれるのです。

 

また、銀行の中にはみずほ銀行やセブン銀行などが限度額「10万円、30万円、50万円」とそれぞれのコースを用意している場合もあります。ですので、必ず100万円以上からでないと銀行カードローンは利用できない、という訳ではないのです。

 

銀行カードローンを初めて利用する際は50万円からの場合が多い

もちろん、銀行カードローンは最高の融資限度額が高額に設定されています。総量規制などの影響を受けることがないので、三菱UFJ銀行なら500万円、みずほ銀行は1000万円と、年収に関係なく融資をしてもらえるのです。

 

けれども、初めての融資の際にそれだけの金額を借りられることはまずありません。特にネット申込みなどをした際には、新規の利用でしたら、最高でも50万円の融資限度額が最高になります。

 

実際に、先ほどのセブン銀行の場合ですと、最初に利用する際は上記のコースのいずれから選ぶことになります。例え、年収が何千万円であっても、最初に利用する際は必ず100万円以上の融資を受けられることはないのです。

 

みずほ銀行もネットなら50万円から融資

みずほ銀行の場合は、ネット申込みからの新規の利用なら50万円が最大というルールが設けられているので、それ以上の金額の融資は絶対に不可能です。

 

店頭での申込みならば、それ以上の融資を受けられるのですが、最近ではネット申込みが一般的になっていますし、気軽に利用できるようになっています。ですので、確実に返済してもらうためにも、きちんと返済ができる人間かどうかを銀行側が見定めるためにも、そのような上限金額が設定されているのです。

 

100万円以上の融資が多いのは事実

新規の場合には、必ず100万円を下回る上限金額であることは説明しましたが、それでもやはり銀行カードローンならば100万円以上の融資をする、というイメージは非常に強いです。実際に、かなりの高額の融資を受ける方の割合が多いのは事実ではあるのです。

 

それに、10万円程度の融資ならば消費者金融の方が金利以外の面では魅力的ですので、それ位の金額の融資を行うならば、消費者金融を利用している方が多いため、銀行カードローンでわざわざ行っている人は少ないのです。

 

平均利用金額が高くなっている

そのため、50万円以下の融資を受ける方は、新規以外の方は少なく、実際に銀行カードローンを何度も利用している顧客の方は上限金額ギリギリの高額融資を受けている場合が多いため、平均で見ると、利用者は100万円以上の融資を受ける人が多い、ということが結果として現れているのです。それが、100万円以上が普通、という噂に繋がっていると考えられます。

 

新規で登録される方の多くも、将来高額融資を受けるために、仕方なく少額融資を受けている、ということもあります。ですので、少額融資を受けている人はいないことはないのですが、少額融資を狙って銀行カードローンを利用している、という人はほとんどいません。前述したように消費者金融の方が少額融資には向いていますので、少額融資を受けたいのであれば、消費者金融を利用した方がいいかもしれません。

 

金利からみれば銀行カードローンは高額融資に向いていることが分かる

消費者金融と銀行カードローンの大きな違いは金利です。銀行カードローンが低金利で、消費者金融が高金利であることは良く知られていますが、この金利が大きく影響するのは高額融資の場合に限ります。10万円くらいならば、消費者金融も銀行カードローンも月々数100円程度の金利の違いしかありません。

 

それ位ならば数か月で返済することが可能ですので、金利の出費自体もあまり痛くはありません。けれど100万円などの高額融資になれば、数1000円、数万円の違いになり、しかも長期的な返済になります。消費者金融を利用して借金が膨らんでしまう場合は、高額融資を受けている場合に限るのです。

 

ですので、長期的な返済になる高額融資は、低金利の銀行カードローンの方が断然向いているという訳です。銀行カードローンを利用する際は100万円以上が普通、という通説は、100万円以上の高額融資をしてもらうならば、金利がそこまで膨らむわけではない銀行カードローンの方が明らかに得をするから、ということが理由なのです。

 

利用金額によって銀行カードローン、消費者金融のどちらを利用するかを変える

キャッシングを利用する際には賢く利用しなくては、自らの身の破滅につながります。ですので、10万円以下なら消費者金融を、100万円以上なら銀行カードローンを利用する、というのはこれまでの利用者の多くが経験したことから導き出された答えでもあるのです。

 

銀行カードローンでも少額融資を受けられますが、それを目的にするのならば消費者金融の方が得です。少額融資を受ける際でも、今後高額融資を受けるようなプランがあるの時に限った方がいいかもしれません。

おすすめ消費者金融ベスト5

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日