MENU

消費者金融では50万円まで収入証明書が不要です

キャッシングの利用に際して、収入証明書は基本的に必要ありません。消費者金融では50万円までの借り入れではまず提出を求められることはなく、銀行のカードローンでも100万円までの借り入れには提出する必要はありません。また銀行ではもっと高額の場合でも必要がない銀行もあります。

 

ですがこれは会社員などの勤務先から定期的な収入がある人の話です。自営業や個人事業主の場合は借り入れ金額に関わらず、提出が求められます。安定した収入がある人の場合、比較的少額の借り入れ時には必要とされないということです。

 

大手の消費者金融は50万円まで

大手の消費者金融のプロミス、アコム、アコム、モビット、ノーローンの5社では申し込みをした人に安定した収入がある判断された場合、50万円までの借り入れには収入証明書が必要になりません。その他の消費者金融でもこの金額までは必要とされないところが多いです。

 

これには理由があり、2010年に貸金業法が改正され、1社から50万円を超える借り入れを行う際には収入証明書の提出が義務付けられたためです。ですので希望額が50万円を超える場合は必ず提出を求められますが、逆にそれ以下の場合は無理に提出させる必要はないので、確認の手間を掛けないために、ちょうどこの金額を収入証明書を提出させるラインにしている消費者金融がほとんどなのです。

 

銀行のカードローンではもっと高額まで

銀行のカードローンには貸金業法が適用されないため、50万円を超える借り入れに対しても提出を求めません。これには消費者金融と同じように確認の手間が面倒だという点もありますが、審査自体が消費者金融より厳しく行われるので、50万円程度では遭えて提出させる必要はないと判断しています。

 

銀行によって提出を求められるラインが違います

一番低い額から提出を求められるのは、大手の銀行では三菱東京UFJ銀行と住信SBIネット銀行(ミスターフリーローン)です。この2行では100万円を超える融資には収入証明書が必要になります。また地方銀行ではこの100万円が提出を求められる銀行が多いです。

 

200万円から提出を求められる銀行は、大手ではみずほ銀行だけです。一部の地方銀行でもこの200万円に設定している銀行があります。その他の銀行は300万円からのところがほとんどです。さすがにこの金額になると、銀行でも簡単には融資できないということです。住信SBIネット銀行でもプレミアムコースではこの300万円からになります。

 

この収入証明書を必要とするラインを下げるほど、貸し倒れになる可能性が低くなるといえます。三菱東京UFJ銀行がメガバンクにも関わらず100万円と設定しているのは、それだけ貸し倒れになることを嫌っているからです。それだけ審査自体も厳しいと考えてもいいかも知れません。

 

それ以下でも必要になるケースがあります

消費者金融1社からの借り入れで会社員の場合でも、50万円以下で収入証明書が必要になるケースがあります。これは既に他社から借り入れている額と合わせて100万円を超える場合です。これも貸金業法で決まっているためで、貸金業法が適用される金融業者から合計100万円を超える場合にはその提出の必要があるからです。

 

同じく貸金業法に総量規制という項目があり、合計で年収の1/3を超える借り入れはできない決まりになっています。合計が100万円を超えるということは、300万円以上の年収が必要になります。会社員であればこれくらいの年収がある人も少なくないと思われますが、それ以下の場合も充分に考えられるため、総量規制を超えていないかどうかの確認も合わせ、この合計100万円を超える借り入れ時には必要とされる決まりになっています。もちろん収入証明書を提出をしても、総量規制を超えてしまうような場合は借り入れを行うことはできません。

 

収入証明書とはどういう書類?

会社員の場合は源泉徴収票が利用できます。自営業者は確定申告書の写しや納税証明書、課税・非課税証明書などの年収が確認できる公的な書類を提出します。

 

源泉徴収票は会社からもらえますが、他の各種の証明書は役所や税務署で発行を受けてください。会社員がそれらの証明書を利用することもできます。

 

専業主婦が借り入れを行う場合

 

 

自分に収入のない専業主婦は消費者金融から借り入れを行うことはできませんが、銀行のカードローンの利用は可能です。この場合、夫の同意書(これは必要のない銀行もあります)や夫との婚姻関係を証明できる住民票などの公的な書類の提出が必要になりますが、夫の収入証明書は必要になりません。

 

専業主婦が銀行から借り入れを行える額は、どの銀行でも30万円(一部の銀行では50万円)までになっています。銀行から見て、この金額であれば必要がないと判断しているためです。

おすすめ消費者金融ベスト5

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日